製品情報

  1. ホーム
  2. 方式で探す
  3. CTXFシリーズ

高温水製造用タンデム型給湯器 

CTXFシリーズ 最高温水温度60~90℃

タンクレス スチームウォーターヒーター 蒸気と水を直接混合する方式

 概要


タンク給湯用スチーム給湯器CTXF型は蒸気と水を混合して温水を製造し、タンクや容器に比較的高い温度の温水(60〜90℃)を供給するための汽水混合型給湯器です。
給湯方式は、汽水混合型(SWHヒーター)の入口で蒸気と水の開閉弁を開閉する元止め式です。
特殊ノズルと混合室内のフィラー(ラッシュリング)で混合を行う為、混合能力に優れ、ワンパスで冷水から90℃の温水が製造できます。

 使用条件

  • 給湯温度       60℃~90℃
  • 最高使用圧力     蒸気:0.5MPa  水:0.5MPa
  • 最低使用圧力     蒸気:0.1MPa  水:0.1MPa
  • 最低蒸気流量     CTXF-1 :   80kg/hr   CTXF-2 : 135kg/hr
               CTXF-3 : 170kg/hr CTXF-4 : 230kg/hr
               CTXF-5 : 400kg/hr

蒸気流量が上記の数値以下になる条件では使えません。
尚、過熱蒸気は使用できません。

 注意事項

  • スチーム給湯器出口にはバルブを絶対に取り付けないでください。
    本器はスチーム給湯器出口側で開閉する使い方は一切できません。
  • サーモスタット構造ではありません。温水温度を安定させるためには減圧弁で蒸気並びに給水の圧力を一定にして下さい。

 型式表示

 温水製造能力表

流量表に示される圧力は、使用中に実際得られる蒸気の作動時圧力です。

作動時圧力は静止時圧力より降下することは避けられませんので、静止時圧力より流量を推定するには流量表で求められる流量に下記の係数を掛けてください。

CTXF1~5 係数0.7

 給水圧力損失表

開放状態(背圧ゼロ)で使用する場合においても、給水圧は使用流量における下記 圧力損失表の値の2倍以上必要です。(但し最低でも0.1MPa以上必要です)

 自動開閉式タンク給湯用 高温水専用タンデム型給湯器(60℃~90℃) CTXF-MVシリーズ

開閉にモーター弁を使用したオートタンデムで、タンク給湯の水位制御などに使用できます。
※使用条件は、上記CTXFシリーズをご参照ください。

 機種選定の方法 
例)
80℃の温水を35L/minでタンクに供給したい。どの機種を選定すればよいか。尚、蒸気並びに給水供給圧力は、0.3MPa、水温10℃とする。

答)
①80℃の温水製造用として先ずCTXF型を選定いたします。
②流量表で作動時圧力0.3MPaの点から垂直に線を引き、昇温巾70℃
 の交点を読みます。
③CTXF-3で作動時圧力0.3MPaの時、40L/min
 CTXF-4で作動時圧力0.3MPaの時、50L/minの流量を得ることができます。

 静止時圧力による推定流量 
 CTXF-3  40L/min×0.7=28L/min
 CTXF-4  50L/min×0.7=35L/min
供給圧力は0.3MPaですが、作動時に圧力が降下することを考慮し、CTXF-4を選定致します。

 代表的な設置例

 ダウンロード

・カタログ

個別カタログ
スチームウォーターヒーター CTXF
ダウンロード

・取扱説明書・メンテナンスガイド

型名 取扱説明書 メンテナンスガイド
CTXF-1・2 CTXF.pdf取扱説明書 CTXF-1_2.pdfメンテナンスガイド
CTX-MV CTXF-MV.pdf取扱説明書 CTXF-MV.pdfメンテナンスガイド
CTXF-3・4・5 CTXF.pdf取扱説明書 CTXF-3_4_5.pdfメンテナンスガイド

・図面

型名 PDFダウンロード
CTXF-1 10017-2 CTXF-1.pdf図面
CTXF-2 10018-2 CTXF-2.pdf図面
CTXF-1-MV 10065-3 CTXF-1-MV.pdf図面
CTXF-3 10019-2 CTXF-3.pdf図面
CTXF-4 10020-2 CTXF-4.pdf図面
CTXF-5 10021-2 CTXF-5.pdf図面
CTXF-2-MV 10066-3 CTXF-2-MV.pdf図面
CTXF-3-MV 10067-3 CTXF-3-MV.pdf図面
CTXF-4-MV 10068-3 CTXF-4-MV.pdf図面
CTXF-5-MV 10069-3 CTXF-5-MV.pdf図面